FC2ブログ

大サービス!

10月11日撮影。
前回の総合編です。

先ずは1回目の60m級ダイブでいきなりホバ
FC2-151029-01.jpg

FC2-151029-02.jpg

残念!お魚銜えてません。
FC2-151029-03.jpg

FC2-151029-04.jpg

逆光ゾーンへまっしぐら!
FC2-151029-05.jpg

近くでダイブ。 これまたお魚なし。
FC2-151029-06.jpg

FC2-151029-07.jpg

FC2-151029-08.jpg

FC2-151029-09.jpg

FC2-151029-10.jpg

FC2-151029-11.jpg

FC2-151029-12.jpg

FC2-151029-13.jpg

FC2-151029-14.jpg

FC2-151029-15.jpg

FC2-151029-16.jpg

FC2-151029-17.jpg

FC2-151029-18.jpg

FC2-151029-19.jpg

FC2-151029-20.jpg

FC2-151029-21.jpg

FC2-151029-22.jpg

ワンドで巨大魚ゲットしちゃいました。
FC2-151029-23.jpg

FC2-151029-24.jpg

FC2-151029-25.jpg

FC2-151029-26.jpg

FC2-151029-27.jpg

絶景ゾーン至近でダイブ  
FC2-151029-28.jpg
↑↓ ピンあま残念! ^^;
FC2-151029-29.jpg

FC2-151029-30.jpg

FC2-151029-31.jpg

朝6時から夕方4時まで、大サービスで満足の一日でした。
雨で水遊びのお子様が来ないし、カメラマンも2人だけというのが
良かったのでしょうか?
スポンサーサイト

連写炸裂!

10月11日撮影。
小雨の予報だったので出撃。
6時から8時まではさみしいひとりぼっち。
でも、カワちゃんは大サービスしてくれました。

この日はひとつのパターンがありました。 この枝にとまると
FC2-151027-01.jpg

60m級発射台に直行してダイブのパターン。 本日4回目。
FC2-151027-02.jpg

4回目にして、やっとお魚銜えて出てきてくれました。 もっとも、2回目と3回目は途中棄権でしたけど・・・。><
FC2-151027-03.jpg

で、ここから連写炸裂!
FC2-151027-04.jpg

FC2-151027-05.jpg

FC2-151027-06.jpg

FC2-151027-07.jpg

FC2-151027-08.jpg

FC2-151027-09.jpg

FC2-151027-10.jpg

FC2-151027-11.jpg

FC2-151027-12.jpg

FC2-151027-13.jpg

FC2-151027-14.jpg

FC2-151027-15.jpg

FC2-151027-16.jpg

FC2-151027-17.jpg

FC2-151027-18.jpg

FC2-151027-19.jpg

FC2-151027-20.jpg

FC2-151027-21.jpg

FC2-151027-22.jpg

FC2-151027-23.jpg

FC2-151027-24.jpg

FC2-151027-25.jpg

FC2-151027-26.jpg

FC2-151027-27.jpg

FC2-151027-28.jpg

FC2-151027-29.jpg

FC2-151027-30.jpg

FC2-151027-31.jpg

水浴びで〆
FC2-151027-32.jpg

FC2-151027-33.jpg

結構追い続けられたのが嬉しくて、いっぱいアップしちゃいました。^^;
総合編は次回。

那須岳

10月10日撮影。
紅葉の名所、那須岳に行ってきました。
ネットで調べると、最上部の峠の茶屋駐車場は
この時期午前5時前に満車になるということでしたが、
そんなに早く行くのは無理。ダメ元で家を午前2時に出て
午前5時少し前に峠の茶屋駐車場に到着しました。
情報どおり既に満車。折り返して1つ下の那須岳ロープウェイ駐車場
の7時開場待ちの車列に並びました。
もっと多いかと思っていましたが「数えてみると14番目、まあ良しとしましょう。

駐車場から茶臼岳(主峰) ロープウェイに乗れば山頂の近くまで行くことができます。
FC2-151025-01.jpg

駐車場から朝日岳 ロープウェイには乗らないで先ずは朝日岳の山頂を目指します。
FC2-151025-02.jpg

茶臼岳を左に見ながら登ります。 双耳峰の様に見えます。
FC2-151025-03.jpg

右に朝日岳 紅葉が綺麗です。
FC2-151025-04.jpg

凹みにあるのが峰の茶屋跡避難小屋 流石人気のお山、登山道は行列状態。
FC2-151025-05.jpg

峰の茶屋跡避難小屋近くから見た朝日岳 荒々しい雰囲気
FC2-151025-07.jpg

避難小屋を右に折れて朝日岳向かいます。 大小の岩がゴロゴロの登山道が続きます。
FC2-151025-08.jpg

FC2-151025-09.jpg

FC2-151025-10.jpg

頂上まで後少しの朝日の肩で休憩しようとしたところに救助ヘリが登場。
FC2-151025-11.jpg

救助活動をするので場所を空けてくださいと救助ヘリから指示があったので、頂上を目指すことに。
FC2-151025-12.jpg

朝日岳頂上 そんなに広くない頂上に人がいっぱい。
FC2-151025-13.jpg

朝日岳頂上から救助ヘリが負傷者を吊り上げているところ。
FC2-151025-14.jpg

朝日岳頂上から見た茶臼岳
FC2-151025-15.jpg

折り返して、次は茶臼岳を目指します。 このあたりから急に曇ってきました。
FC2-151025-16.jpg

FC2-151025-17.jpg

FC2-151025-18.jpg

峰の茶屋跡避難小屋まで下りて、茶臼岳へ 
FC2-151025-19.jpg

FC2-151025-20.jpg

お釜 ふちを左回りで茶臼岳頂上へ
FC2-151025-21.jpg

下は姥ヶ平、左に噴煙が見えます。
FC2-151025-22.jpg

茶臼岳頂上 結構広いがここも人だらけ
FC2-151025-23.jpg

茶臼岳から朝日岳を左に見ながら下山。
FC2-151025-24.jpg

FC2-151025-25.jpg

牛ヶ首山頂分岐を左に折れて牛ヶ首へ
FC2-151025-26.jpg

牛ヶ首から見た姥ヶ平 曇りのため色が出ない。残念!
FC2-151025-27.jpg

ひょうたん池のアップ
FC2-151025-28.jpg

牛ヶ首から見た茶臼岳 噴煙が増えたような
FC2-151025-29.jpg

牛ヶ首から折り返してロープウェイ山頂駅へ 途中の紅葉も曇りで色が出ない。
FC2-151025-30.jpg

ロープウェイの中から下をパシャリ
FC2-151025-31.jpg

紅葉がすばらしく、火山の迫力が凄まじい山でした。

歩行距離:約8.7km
累積標高差:約710m

カワちゃんは逆光ゾーンがお好き?

10月4日撮影。
前日の北横岳が結構ハードだったので
もしかしたら、脚が痛くていけないかなーと思っていましたが、
強くなったものです。ほとんど筋肉痛はなかったので出撃しました。
もちろん、堰の下です。

逆光ゾーンの近いところでダイブ
FC2-151022-01.jpg

魚道脇でダイブ
FC2-151022-02.jpg

FC2-151022-03.jpg

FC2-151022-04.jpg

逆光ゾーンでダイブ
FC2-151022-05.jpg

FC2-151022-06.jpg

FC2-151022-07.jpg

FC2-151022-08.jpg

FC2-151022-09.jpg

FC2-151022-10.jpg

ワンドで巨大魚を捕っちゃいました。
FC2-151022-11.jpg

FC2-151022-12.jpg

FC2-151022-13.jpg

FC2-151022-14.jpg

FC2-151022-15.jpg

FC2-151022-16.jpg

FC2-151022-17.jpg

FC2-151022-18.jpg

FC2-151022-19.jpg

やっと、絶景ゾーン。 なんだけど水浴びでーす!
FC2-151022-20.jpg

FC2-151022-21.jpg

FC2-151022-22.jpg

お魚捕るのは逆光ゾーンが多い。><
FC2-151022-23.jpg

FC2-151022-24.jpg

今回は水浴びも含めてダイブでまとめてみました。
できれば、お魚捕るのも絶景ゾーンでお願いしたい。

北横岳

10月3日撮影。
北八ヶ岳の北横岳にチャレンジしてみました。

雲海に浮かぶ浅間山 スタート地点大河原峠からの眺望です。
FC2-151018-01.jpg

ここを左方向へ 先ずは双子山をめざします。
FC2-151018-02.jpg

熊笹の中を登ります。
FC2-151018-03.jpg

あっという間に双子山山頂。 左後ろが北横岳。
FC2-151018-04.jpg

進行方向を見れば、これまた雲海に浮かぶ???
FC2-151018-05.jpg

少し下って(内心は折角登ったのにもったいない。)
FC2-151018-06.jpg

双子池 雄池 何故かリュックを背負ったまま近くへはいけません?
FC2-151018-07.jpg

双子池 雌池 
FC2-151018-08.jpg

FC2-151018-09.jpg

双子池~亀甲池間は原生林のなかを行きます。苔だらけです。
FC2-151018-10.jpg

亀甲池
FC2-151018-11.jpg

亀甲池からいよいよ北横岳へ 1kmで450mという急登です。
FC2-151018-12.jpg

FC2-151018-13.jpg

切株上に一つの世界があるような?
FC2-151018-14.jpg

後少しで頂上
FC2-151018-15.jpg

北横岳北峰山頂 後は一ヶ月前に登った蓼科山。
FC2-151018-16.jpg

南峰山頂
FC2-151018-17.jpg

南峰山頂から見た北峰山頂
FC2-151018-18.jpg

北峰頂上からの眺め 1
FC2-151018-19.jpg

北峰頂上からの眺め 2
FC2-151018-20.jpg

北峰頂上からの眺め 3
FC2-151018-21.jpg

北峰頂上からの眺め 4
FC2-151018-22.jpg

北峰頂上からの眺め 5
FC2-151018-23.jpg

北峰頂上からの眺め 6
FC2-151018-24.jpg

亀甲池まで下りて
FC2-151018-25.jpg

天祥寺原経由で
FC2-151018-26.jpg

大河原峠にもどります。地味な上りですが、疲れた脚には結構こたえる。
FC2-151018-27.jpg

大河原峠からの見た浅間山。雲海は無くなっていました。
FC2-151018-28.jpg

初級レベルには結構ハードなコース設定でした。

歩行距離:約10.2km
標高差:約760m

ノビノビ合戦でうんざり!

10月2日撮影。
お休みをいただいて、出撃しましたが
午前中はほぼ、若とノビノビ合戦でうんざりな一日でした。

逆光ゾーン奥でノビノビ合戦
FC2-151012-01.jpg

FC2-151012-02.jpg

FC2-151012-03.jpg

FC2-151012-04.jpg

FC2-151012-05.jpg

今回唯一の救い。  めずらしく、魚道手前にダイブ。
FC2-151012-06.jpg

FC2-151012-07.jpg

FC2-151012-08.jpg

FC2-151012-09.jpg

FC2-151012-10.jpg

FC2-151012-11.jpg

FC2-151012-12.jpg

FC2-151012-13.jpg

FC2-151012-14.jpg

FC2-151012-15.jpg

FC2-151012-15.jpg

FC2-151012-16.jpg

FC2-151012-17.jpg

FC2-151012-18.jpg

FC2-151012-19.jpg

FC2-151012-20.jpg

FC2-151012-21.jpg

FC2-151012-22.jpg

FC2-151012-23.jpg

充分にアクティブ!

9月27日撮影。
前回の続き。

高枝からの飛び出しで足が枝に引っ掛かったみたいです。
FC2-151007-01.jpg

FC2-151007-02.jpg

FC2-151007-03.jpg

FC2-151007-04.jpg

FC2-151007-05.jpg

FC2-151007-06.jpg

FC2-151007-07.jpg

お昼過ぎから雨が止んで晴れてきたので、カメラを7DmarkⅡに変更。
変えとたんに至近高枝からの超速ダイブ。 ファインダーで追えるわけはないので、
着水点にレンズを振ってなんとか写っていた一枚。
FC2-151007-08.jpg

FC2-151007-09.jpg

FC2-151007-10.jpg

FC2-151007-11.jpg

FC2-151007-12.jpg

FC2-151007-13.jpg

FC2-151007-14.jpg

FC2-151007-15.jpg

FC2-151007-16.jpg
昨シーズンの最盛期と比べればまだまだですが、これだけ撮らせてくれれば、これはもう充分にアクティブ!

アクティブカワちゃんの片鱗が!2

9月27日撮影。
前日に引き続き、堰下に出撃。
この日もカワちゃんは片鱗を少し見せてくれただけでした。

FC2-151006-01.jpg

FC2-151006-02.jpg

FC2-151006-03.jpg

FC2-151006-04.jpg

FC2-151006-05.jpg

ここからは堰から流れ落ちた超浅い流れの中にいる魚を狙うのがこのところの行動パターン。
FC2-151006-06.jpg

ところが意表を突かれてホバ。4~5枚くらい撮れたと思ったけど前に習えが一枚だけ。><
FC2-151006-07.jpg

当然必殺ホバボタンは押せるわけはなく SS=1/1250
FC2-151006-08.jpg

FC2-151006-09.jpg

ダイサギが飛び込んで大きなお魚をゲット。
FC2-151006-10.jpg

FC2-151006-11.jpg

FC2-151006-12.jpg

FC2-151006-13.jpg

FC2-151006-14.jpg

FC2-151006-15.jpg

FC2-151006-16.jpg

FC2-151006-17.jpg

そうは言いつつも、サービスは良くていっぱい撮らせてくれたので2回に分けて、続きは次回。
これって、結構アクティブ? でも、まだまだ昨シーズンとはレベルが違う!

アクティブカワちゃんの片鱗が!

9月26日撮影。
午前中堰下に出撃。昨シーズン往時の行動パターンが散見されましたが、
まだまだ・・。

FC2-151001-01.jpg

FC2-151001-02.jpg

FC2-151001-03.jpg

FC2-151001-04.jpg

FC2-151001-05.jpg

FC2-151001-06.jpg

FC2-151001-07.jpg

FC2-151001-08.jpg

FC2-151001-09.jpg

FC2-151001-10.jpg

FC2-151001-11.jpg

FC2-151001-12.jpg

FC2-151001-13.jpg

FC2-151001-14.jpg

FC2-151001-15.jpg

FC2-151001-16.jpg

FC2-151001-17.jpg

FC2-151001-18.jpg

FC2-151001-19.jpg

FC2-151001-20.jpg

FC2-151001-21.jpg
プロフィール

toshibeh

Author:toshibeh
2005年、白鳥飛来地で偶然
カワセミを目撃してからカワセミ
の撮影にはまっています。
山歩きは1998年に家族で
妙義山に登ったのがきっかけ
ですが、本格的に始めたのは
2013年からで、なかなか
初級レベルから脱却できません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR