高見岩ー中山展望台(八ヶ岳)

7月25日撮影。
八ヶ岳の名立たる山々は無理なので
初級レベルでも歩けるコースを選択しました。
麦草峠の駐車場からスタート。
しばらくは原生林の中を歩きます。
FC2-150727-01.jpg
↑↓苔が綺麗でした。
FC2-150727-02.jpg
途中白駒池にはよらないで高見岩に直行。岩ゴロゴロを登ります。
FC2-150727-03.jpg
下から見ると
FC2-150727-04.jpg
上から見ると 後は丸山。
FC2-150727-05.jpg
高見岩頂上からの眺め1
FC2-150727-06.jpg
高見岩頂上からの眺め2
FC2-150727-07.jpg
高見岩頂上からの眺め3 白駒池をアップで
FC2-150727-08.jpg
高見岩頂上からの眺め4
FC2-150727-09.jpg
高見岩頂上からの眺め5 左から蓼科山、茶臼山かな?
FC2-150727-10.jpg
当初高見岩までの予定でしたが、少し物足りないので中山展望台まで行くことにしました。
高見岩から中山展望台への登山道はずーっとこんな感じ。^^;
FC2-150727-11.jpg
中山展望台 人工の展望台があるわけではありません。
FC2-150727-12.jpg
中山展望台からの眺め1 双耳峰天狗岳
FC2-150727-13.jpg
中山展望台からの眺め2
FC2-150727-14.jpg
中山展望台からの眺め3
FC2-150727-15.jpg
中山展望台のほぼ全貌
FC2-150727-16.jpg
下山途中白駒池に立ち寄りました。
FC2-150727-17.jpg
麦草峠近くはお花畑でした。
FC2-150727-18.jpg
はずかしながら花の名前がわかりません。^^;
FC2-150727-19.jpg

FC2-150727-20.jpg

FC2-150727-21.jpg

FC2-150727-22.jpg

平地では今年最高気温ということでしたが、
高見岩、中山展望台共に風が強く寒いくらいでした。

歩行距離:約9km
標高差:約350m
スポンサーサイト

きびしい!

7月20日撮影。
このところ好調だったハス池公園に向かう途中
お仲間から花がなくなっているのでもう一方に移動という
連絡をいただき、急遽行き先を変更。

FC2-150722-01.jpg

FC2-150722-02.jpg

FC2-150722-03.jpg

FC2-150722-04.jpg

FC2-150722-05.jpg

FC2-150722-06.jpg

FC2-150722-07.jpg

FC2-150722-08.jpg

FC2-150722-09.jpg

FC2-150722-10.jpg

FC2-150722-11.jpg

粘ろうと思っていましたが、雷が近くでゴロゴロいいだしたので
15時半で撤収。大したサービスなく、とてもきびしい状況でした。
対岸で営巣していたアオゲラさんの若は巣立ったようです。
これでフィールドは平穏に戻れそうです。

声はすれども?

7月18日。
FC2-150718-01.jpg

FC2-150718-02.jpg

新潟松之山の美人林にアカショウビンが撮りたくて、仲間3人で遠征しました。
最短のR353が夜間通行止めになっており、
迂回したので約束の時間から大幅に遅れて
4時半ごろ集合場所の森の学校キョロロに到着。
仲間には申し訳ないことをしてしまいました。
もっと、余裕を持って出発すべきでした。
雨降りの中5時ごろから美人林駐車場で待機を開始。
6時、7時、14時前の3回アカショウビンの鳴き声は確認出来ましたが、
結局、姿は見れずで終了でした。><
が、6年ぶりに林に響き渡る鳴き声を聞くことができ、感動しました!
6年前長野の戸隠で初めて撮ったアカショウビンを貼っておきます。
FC2-150721-01.jpg

そうは問屋が卸さない!2

7月12日撮影。
5時過ぎに先週大正解のハス池に到着。
既にカメラマンが10名以上、カワちゃんも登場済みで
シャッター音が響き渡っていました。

FC2-150715-01.jpg

FC2-150715-02.jpg

FC2-150715-03.jpg

FC2-150715-04.jpg

FC2-150715-05.jpg

FC2-150715-06.jpg

FC2-150715-07.jpg

FC2-150715-08.jpg

FC2-150715-09.jpg

FC2-150715-10.jpg

15時の撤収までたいしたサービスもなく、
そうは問屋が卸してくれませんでした。><

至仏山

7月11日撮影。
16年前家族で登った思いでの山に再チャレンジしてきました。

鳩待峠の登山口から登山道に入って、
直ぐにギンリョウソウがお出迎えしてくれました。
FC2-150714-01.jpg

FC2-150714-02.jpg

FC2-150714-03.jpg
コバイケイソウ
FC2-150714-04.jpg
クモイイカリソウ
FC2-150714-05.jpg
イワイチョウ
FC2-150714-06.jpg

FC2-150714-07.jpg
小至仏山に向かいます。
FC2-150714-08.jpg
ハクサンコザクラ
FC2-150714-09.jpg
ヨツバシオガマ
FC2-150714-10.jpg
小至仏山頂上
FC2-150714-11.jpg
小至仏山頂上から見た 至仏山~尾瀬ヶ原~燧ケ岳
FC2-150714-12.jpg

FC2-150714-13.jpg

FC2-150714-14.jpg
至仏山 頂上には人がいっぱい。こんなの始めて見ました。
FC2-150714-15.jpg
至仏山頂上
FC2-150714-16.jpg
至仏山頂上から見た 尾瀬ヶ原~燧ケ岳
FC2-150714-17.jpg

FC2-150714-18.jpg

FC2-150714-19.jpg

FC2-150714-20.jpg
ホソバヒナウスユキソウ 絶滅危惧種だそうです。
FC2-150714-21.jpg

FC2-150714-22.jpg

距離=約11Km 累積高度差=約600m
至仏山はお花の山でした。
そして、なんと旅行会社のツアーも来る大人気の山でした。

そうは問屋が卸さない!

7月6日撮影。
FC2-150713-01.jpg
雨でも昨日の夢よもう一度の思いで出撃しました。
FC2-150713-02.jpg
ヨッシャー、花どまり!
FC2-150713-03.jpg
あれれー、蕾でした!
FC2-150713-04.jpg

FC2-150713-05.jpg

FC2-150713-06.jpg

FC2-150713-07.jpg

FC2-150713-08.jpg

FC2-150713-09.jpg

FC2-150713-10.jpg

FC2-150713-11.jpg

FC2-150713-12.jpg

FC2-150713-13.jpg
行動パターンが昨日の若カワちゃんと似ていたので、若カワちゃんと思い込んでいましたが
お父さんカワちゃんのようです。
この日は、なでしこも決勝で負けるし、そうは問屋が卸してくれませんね!

転戦は大正解!

7月5日撮影。
情報をいただいて、14時ごろもう一方のハス池公園に大勢で移動しました。
これが大正解で、若カワちゃんが大サービスしてくれました。

FC2-150710-01.jpg

FC2-150710-02.jpg

FC2-150710-03.jpg

FC2-150710-04.jpg

FC2-150710-05.jpg

FC2-150710-06.jpg

FC2-150710-07.jpg

FC2-150710-08.jpg

FC2-150710-09.jpg

FC2-150710-10.jpg

FC2-150710-11.jpg

FC2-150710-12.jpg

FC2-150710-13.jpg

FC2-150710-14.jpg

FC2-150710-15.jpg

FC2-150710-16.jpg

FC2-150710-17.jpg

FC2-150710-18.jpg

FC2-150710-19.jpg

FC2-150710-20.jpg

至近の花どまり、手前の生垣が被っているのは、少々残念ですが、
念願の花どまりが撮れました。若カワちゃんに感謝!

雛が孵ってもこんなもの?2

7月5日撮影。
6時過ぎのメスカワちゃん登場を皮切りに
前日同様巣で待つ雛のもとへお魚をせっせと運びます。

FC2-150709-01.jpg

FC2-150709-02.jpg

FC2-150709-03.jpg

FC2-150709-04.jpg

FC2-150709-05.jpg

FC2-150709-06.jpg

FC2-150709-07.jpg

FC2-150709-08.jpg

FC2-150709-09.jpg

FC2-150709-10.jpg

写っているのは何故かメスカワちゃんばかり。
オスカワちゃんは通過のみ。だったかな?
状況が好転しそうもなかったし、
理由あって14時ごろもう一方のハス池に転戦。
これが大正解でした。次回に続く

雛が孵ってもこんなもの?

7月4日撮影。
6時半のメスカワちゃん登場を皮切りに、オスメス交互に数回登場して
お魚を巣に運んでいました。
FC2-150708-01.jpg

FC2-150708-02.jpg

FC2-150708-03.jpg

FC2-150708-04.jpg

FC2-150708-05.jpg

FC2-150708-06.jpg

FC2-150708-07.jpg

FC2-150708-08.jpg

FC2-150708-09.jpg

FC2-150708-10.jpg

FC2-150708-11.jpg

FC2-150708-12.jpg

FC2-150708-13.jpg

雛が孵ったので期待して出かけましたが、
たいしたサービスはなく、所用のため14時撤収。

抱卵終了!

6月28日撮影。
5時過ぎに既に西中ノ島のお休み処でオスカワちゃんまったり。
ハスに移動するもサービスなく5時半に退場。
6時半にメスカワちゃん登場てな具合で、まだ抱卵中の模様。
ところが、12時半に再登場したメスカワちゃん。
お魚捕ってお食事と思いきやなんと給餌銜えしてるじゃあーりませんか!
雛が孵ったようです。14時半以降、オス、メス入れ替わりでお魚を運び出しました。

FC2-150707-01.jpg

FC2-150707-02.jpg
なぜかこのポーズを繰返す。
FC2-150707-03.jpg

FC2-150707-04.jpg

FC2-150707-05.jpg

FC2-150707-06.jpg

FC2-150707-07.jpg

FC2-150707-08.jpg

FC2-150707-09.jpg
おーっ、給餌銜えしているよ!
FC2-150707-10.jpg

FC2-150707-11.jpg

FC2-150707-12.jpg

FC2-150707-13.jpg

FC2-150707-14.jpg

FC2-150707-15.jpg
オスカワちゃんがついに花にとまってくれました。 ほとんど蕾ですけど・・・!^^;
FC2-150707-16.jpg
背景がうるさい!
FC2-150707-17.jpg
遠くて解像しとらん!
FC2-150707-18.jpg

FC2-150707-19.jpg

FC2-150707-20.jpg

FC2-150707-21.jpg

FC2-150707-22.jpg

FC2-150707-23.jpg

FC2-150707-24.jpg

FC2-150707-25.jpg

FC2-150707-26.jpg

ということで、午後はたくさん撮らせていただきました。
カワちゃんに感謝!
プロフィール

toshibeh

Author:toshibeh
2005年、白鳥飛来地で偶然
カワセミを目撃してからカワセミ
の撮影にはまっています。
山歩きは1998年に家族で
妙義山に登ったのがきっかけ
ですが、本格的に始めたのは
2013年からで、なかなか
初級レベルから脱却できません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR