FC2ブログ

極楽シマフクロウ撮影!2

1月14日は日中は根室方面へバスに乗って観光。
午後4時半ごろ宿に帰着。前日同様、先に温泉に入って
午後5時ごろロビーにスタンバイ。

やはり、午後5時過ぎにシマフクロウさん、中空生簀に登場。
前日とは違うフクロウさんである。左目を負傷している。
宿のおかみさん曰く、お父さんフクロウということである。
前日のは、若オスくんか若メスさんで、宿に来るのはお母さんを含めて4羽だそうです。
動きもの対策でISOを6400に上げてみましたが、儚い夢でした。
FC2-150117-01.jpg
ありゃりゃ、屋内のライトを消していなかったのでガラスに映りこんでしまいました。
FC2-150117-02.jpg

FC2-150117-03.jpg

FC2-150117-04.jpg
SS1/30 
FC2-150117-05.jpg
SS1/25
FC2-150117-06.jpg

FC2-150117-07.jpg

FC2-150117-08.jpg
お父さんフクロウは、お魚を捕るのがお上手。
FC2-150117-09.jpg

FC2-150117-10.jpg

FC2-150117-11.jpg

FC2-150117-12.jpg

FC2-150117-13.jpg

FC2-150117-14.jpg

FC2-150117-15.jpg
いったん、上流の木に移動したところでちょうど夕食の時間 午後6時
FC2-150117-16.jpg
夕食を済ませて戻ると、こんどは川中生簀にいました。
FC2-150117-17.jpg

FC2-150117-18.jpg

FC2-150117-19.jpg

FC2-150117-20.jpg

FC2-150117-21.jpg

FC2-150117-22.jpg

FC2-150117-23.jpg
この後下流の木に移動したので部屋で休憩。何度かロビーに戻って様子を見たが、鳴き声はすれど姿は見えず
だったので、午後11時に諦めました。
2日共出てきてくれたシマフクロウさんに感謝!
スポンサーサイト

極楽シマフクロウ撮影!

1月13日~15日で北海道のシマフクロウさんが来る宿に2泊する
ツアーに夫婦で行ってきました。
13日は飛行機で羽田から中標津に到着後午後4時過ぎに宿に到着。
チェックイン後直ぐにシマフクロウさんがくるロビーを下見。
大きな分厚くて綺麗に拭きあげられたガラスが一面に張られていて、
そのガラスを通して、外に二箇所ある生簀にお魚を捕りに来る
シマフクロウさんを撮影する寸法である。
つまりは、暖かい屋内からの撮影である。なんという極楽!
まだ時間が早いので、宿ご自慢の温泉に先に入っておくことにした。
気持ちのいい温泉に入っていても、気になって、気になって、15分くらいで出ちゃいました。
温泉から出て直ぐ、午後5時前にカメラを持ってロビーへ出撃。

5時過ぎにロビー前の川の一角を仕切った生簀に登場。全てISO3200で撮影。
BX0R5893.jpg
いきなりお魚銜えてます。
BX0R5906.jpg
午後6時からの夕食を済ませて7時半ごろ再度ロビーへ、
今度は上流側の生簀(川の水位が上がっても大丈夫な様に中空に作られています)にいました。
BX0R5956.jpg
飛び出して下流対岸の木にとまる。SS1/20ではまともに撮れる訳がない!
BX0R5962.jpg
木に止まったまま動かないので、部屋に戻って少し休憩し9時に再びロビーへ、
行ったらすぐにロビー前の生簀へ降りてきました。
BX0R5979.jpg

BX0R5983.jpg

BX0R6008.jpg

BX0R6020.jpg

BX0R6046.jpg
この後今度は上流側対岸の木にとまって、上流側生簀に降りてきたのは11時過ぎ。
BX0R6127.jpg
ホースが残念!
BX0R6141.jpg
生簀(結構小さい)に入っています。
BX0R6152.jpg

BX0R6202.jpg

BX0R6345 (2)

BX0R6346.jpg

BX0R6348.jpg

BX0R6349.jpg
右足にお魚を掴んでます。
BX0R6359.jpg
お口に銜え直して、
BX0R6368.jpg
あっという間に食べちゃいました。
BX0R6385.jpg

BX0R6447.jpg

BX0R6462.jpg
またまた、生簀に入って
BX0R6481.jpg
お魚捕まえました。
BX0R6503.jpg

BX0R6506.jpg

この後、上流側に飛び去って撮影終了。
午後9時以降は私ひとりで貸しきり状態でした。
1月14日撮影分に続く。
プロフィール

toshibeh

Author:toshibeh
2005年、白鳥飛来地で偶然
カワセミを目撃してからカワセミ
の撮影にはまっています。
山歩きは1998年に家族で
妙義山に登ったのがきっかけ
ですが、本格的に始めたのは
2013年からで、なかなか
初級レベルから脱却できません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR